ブログトップ

ひつじ丸な日々

snowcrash.exblog.jp

羊から帽子になるまで

■羊×毛刈り=フリース
毛刈りは、通常、春先に行われます。
きれいに刈られた毛は、根元部分でつながっています。
ムートンの皮のない状態、をご想像ください。
この刈った毛のことを「フリース(fleece)」といいます。
化繊フリースの語源でもあります。

このフリースを買ってきて、ひつじ丸の仕事が始まります。
■わける
一頭分買ってくることが多いので、まずは広げて小分けに。
部位でわけたり、白以外の羊の場合は、色の濃淡でわけたり。
e0195583_18532530.jpg

■紡ぐ→糸にする
洗わないで、いきなり紡ぎます。
油(ラノリン)が残っている方が紡ぎやすい...気がします。
足踏み式の紡ぎ車、または、スピンドル(コマ)を使います。
e0195583_18501519.jpg

■洗う
糸になった状態で洗います。
と言ってもお湯につけて汚れを落とす程度。
染める場合はここで。
e0195583_1851124.jpg

■編む→帽子にする
やっとここで編み始め。ぐるぐると筒状に編んでいきます。
編み終わったら糸始末をして、一度お湯につけてから乾かし、
軽くスチーム アイロンをあてて、できあがり♪
e0195583_1851272.jpg

[PR]
by htjmr | 2009-09-28 21:18 | 編物
<< 黒い帽子3点 20090910 白馬三山(ガ... >>