ブログトップ

ひつじ丸な日々

snowcrash.exblog.jp

旅をする木

テント縦走のときはなるべく軽量化してるのですが
それでも、文庫本一冊は持つようにしています。
テントでぼーーーっとしていると、すぐに時間が経ってしまうので
必要ないと言えば必要ないのですが...。

最近の定番はこれ。



『旅をする木』星野道夫(文春文庫)

ひとつひとつが短い話なので、山でパラっと読むのにちょうどいいです。
写真がなくて文章だけというのもいい感じ。
夕方、テントの中で寝転がって読みながら大泣きしています←涙腺ゆるい(笑)
池澤夏樹氏による「いささか私的すぎる解説」もあるので、
星野さんとはまた違った、理屈っぽい文章も楽しめるし、
湯沸かしの台に使ったり(なので汚れている)、イザとなったら焚き付けに使えるし...

先日、近所(北杜市)で『ガイアシンフォニー』の上映があり、
星野道夫さんのプログラムを観てきました。
全然予備知識なしで行ったのですが、この『旅をする木』がメインに扱われていました。
そのフィルムの中で登場する星野さんの帽子。
写真左下(『アラスカ 風のような物語』小学館文庫)で着用されているものですが
耳当て部分が二重になっていて暖かそうだなーー、という印象。

先日作った Possum Merino の耳当て付き、実はこの帽子をちょっと意識しています。



今まで、耳当ては何となく小さめに作っていたのですが。
そんな理由で、大きくてしっかりした耳当てになったのでした。
けっこう気に入ったので、今シーズンは定番化するかもです(^_^)
[PR]
by htjmr | 2010-09-26 23:05 | みすく
<< 輪針愛用♪ Possum Merino 緑色 >>