ブログトップ

ひつじ丸な日々

snowcrash.exblog.jp

猪谷さんの靴下 2号

「いがや」弐号。
igaya socks 2

先に編んだ壱号、暖かくて快適です。
テレマークのプラブーツ(SCRPA T4)に履くと、
最初はちょっとキツかったのですが
だいぶ馴染んで(慣れて?)きました。
革靴(ビンソン)とは文句なく好相性。

前回は、防縮加工かつナイロン混のソックヤーンを使って、
ぴったりサイズで編みました
(の、つもりだったけど、実際にはやや大きめ)

が、しかし。

そもそも、この靴下は、昔(当時)の毛糸を使って、
洗濯で縮むことを想定して設計されています。

であれば、
当時のものに近い毛糸(=防縮加工でない)で編んで、
縮めて足にフィットさせて行くのが本来なのかも..
という気になってきました。

革靴は、まず最初に歩いて、足に合わせたカタチに慣らしていくわけで、
それなら靴下も♪
さらに、目も詰まってきて、もっと暖かくなるのかも?

と、どうしても気になり、
ウール100%、非防縮加工の中細糸を入手して編んでみた次第。
染色していない糸を選んだので、さらに「生」ぽい感じです。

igaya socks 2

実測で、足長23cm弱、できあがり25.5cm。
試着してみると、
長さはには余裕があるけど、幅はぴったりな感じ。
履いているうちに、また変わってくると思います。

igaya socks 2

つま先部分には、またもやカシミア残り糸を投入。
縮み具合がウールと違うかもしれないけど..
まあ、それほど大幅に縮むわけではないのでたぶん大丈夫かな。

というわけで、
とりあえず明日から現場投入ー。

そしてやっぱり上に座りたい。。
e0195583_736693.jpg

[PR]
by htjmr | 2013-01-25 20:56 | 編物
<< 極寒 ミトン(L)完成 >>