ブログトップ

ひつじ丸な日々

snowcrash.exblog.jp

[編人向け]猪谷さんの靴下を編みたい!(3) 毛糸編2

猪谷さんの靴下を編んでみたいひとへ。
- 猪谷さんの靴下を編みたい!(1) 準備編
- 猪谷さんの靴下を編みたい!(2) 毛糸編
からの続き。

今回は、前回紹介した毛糸の選択肢
a. 防縮加工のソックヤーン使用でジャストサイズ
b. ふつうの中細毛糸で大きめサイズ

の二番めについて。
e0195583_20272028.jpg


b. ふつうの中細毛糸で大きめサイズ

この靴下は、洗濯で縮むことを考慮して大きめに作る仕様で、実測足サイズに対応した大きめの靴下サイズが記載されています。
実験したわけではないのですが、縮み率は使用する毛糸や洗濯のやり方(水温、洗剤など)で微妙に変わるのでは、という気がしています。いろいろ試して定番の組み合わせを決めれば良いのでしょうが、それならばソックヤーンで確実に合わせたい、というのがひつじ丸の選択です。

とは言え、防縮加工していない糸の方が断然肌触りが良いですし、優しく手洗いすれば縮みも少ないので、ほぼジャストサイズに作るのも手かもしれません。


使用するのはごく普通のウールの中細毛糸。
それまで中細毛糸はほとんど使っていなかったので、最初に編んでみようと思ったときに適当な手持ち在庫がなく、ネットで探して使ってみたのがこのあたり。

ナチュラルカラーで合わせやすい。上の写真はコレで編んだもの。


ハッキリめの色が揃っています。


上の純毛中細に比べると優しい色合い。メリノウールなので柔らか。


つま先に追加する極細糸。100gあるので相当使えます。


上に挙げた中細糸は40g巻きなので、24cm程度に3玉でギリギリ足りるかな?というところ。お値段もお手頃なので、余裕を見て多めに準備するのが良いと思います。

ピエロさんは製造直売なので価格抑えめ、ショップに掲載があれば確実に在庫しているので、すぐに発送してもらえます。
昨日の記事に書いたパピーの糸は、ショップでは在庫せずメーカー取り寄せになることが多く、数日余計にかかってしまうので、急ぎの場合は要注意(ていうかAmazon的スピード発送に慣れ過ぎかも..)。

というわけで、
次回、編み針編(たぶん最終回)に続きます。
[PR]
by htjmr | 2015-09-21 20:32 | 編物
<< 変わり種ソックヤーン、今週末ス... [編人向け]猪谷さんの靴下を編... >>