ブログトップ

ひつじ丸な日々

snowcrash.exblog.jp

カテゴリ:編物( 788 )

秋のマスタード色ベスト完成

立秋を過ぎて
少し涼しくなったので
気が早いけどウールで秋冬物を。
e0195583_16153608.jpg



色がうまく再現できないのですが
マスタードぽい地味カラーです。
e0195583_16153627.jpg


糸は昨年お試しで仕入れた
ポッサムメリノのHeron。
e0195583_16153733.jpg


素朴な感じで、
フェルト化させるのにも向いています。

そう言えば
実はまだ湯通し仕上げしていなくて..
(スチームちょこっとあてただけ。
スワッチも試さなかった ^_^;)
やってみたら質感変わるかもしれません。

こういう、
ジャミラ的というかピグモン的(?)な袖付けって
今まで何となく抵抗があったのですが
先日kageを編んでみた
まあいいのかもーと思えてきました。

ただ、この袖リブは
もう少しゆるめで良かったかも..。
(↑自分の手加減の問題)


2目ゴム編みの作り目と終わり方、
日本の本だと、
たいてい図で解説されてますが、
つらつらと文章で説明してあり
それが意外にわかりやすくて
面白かったです。


このあたりは寒冷地とは言え
さすがにコレを着るにはまだ早いので
少し寝かせておくことにします(^_^)




[PR]
by htjmr | 2015-08-23 15:51 | 編物

かぎ針で靴下を編んでみた

また靴下が編みたくなって
ちょっと変わったパターンを。
e0195583_10412859.jpg


フラットに編んで、最後にはぎ合わせます。

e0195583_10412960.jpg


ターコイズと白で作り始め、
糸が全然足りないことに気づいて
茶色を投入。
できあがってみたら、
茶色入りの方が合わせやすそうで
結果おーらいです(*^_^*)

これは単色のソックヤーンですが
ロングピッチの段染めを使うと
面白い効果が出せそう。

パターンはこの本。
『michiyoの編みものワークショップ』より。
4579114930michiyoの編みものワークショップ
michiyo
文化出版局 2014-08-22

by G-Tools


michiyoさんの本には
いつもかぎ針編み靴下が掲載されていて
毎回いろいろ工夫があるのが楽しく
編んでみたくなります。

以前編んだリネンの靴下
別の本で見かけたパターン。
(掲載作品はウール糸使用)
4579113616着こなし上手のニットのふだん着
michiyo
文化出版局 2011-08-26

by G-Tools


昔は「かぎ針靴下」と言うと、
分厚い部屋履き、というイメージでしたが
(私だけ?)
これなら、やや厚手ではあるけど
カワイイし普段履きにも楽しい(^_^)

棒針編みの靴下、
特に細糸使用だと
どうしてもハードルが高めなので

ふつうに履ける靴下を編んでみたい、
かぎ針の方が得意かも、
という人には最適のパターンだと思います。


手編みの靴下、いちど履いちゃうと
もう手放せなくなるからねー(*^_^*)

[PR]
by htjmr | 2015-08-13 10:11 | 編物

夏用に短かめ靴下を編みました

夏用の靴下を編みました。
e0195583_11401798.jpg


こっちが実物に近い色。
e0195583_11401856.jpg


色は涼しげじゃないですが
いちおう春夏用のソックヤーンです。

e0195583_11401831.jpg

SCHOPPEL boots
ウール44%、ナイロン14%、コットン42%
けいとやさんで購入。
先日帽子も編みました。

ベージュ糸はこれ。
ONline
supersock bamboo uni
ウール50%、ビスコース25%、ポリアミド25%
靴下の毛糸やさんにて。

触ってみると、
ベージュ糸の方が、ひやっと清涼感がある気がします。
質感も、やや「くたっ」とした感じ。
単色で透けのある模様編みとか
いいかもです。

今までの夏の靴下シリーズ
しっかり目のリネン糸で(2012)
バンブープラスで杉綾ぽく(2013)
リネン+コットン糸で(2013)
リネン+コットン色違い(2013)
ウール+バンブー糸を染め(2014)
山/スキー(革靴)用(2014)
・番外編:靴下的なもの(2014)

リネン+コットンの二足目だけは
手元にないのですが
それ以外は全部現役です。

履く時期が限られるのと
普段あまり靴を履いて歩かないので^_^;
特に目立った磨耗もなく
まだまだ大丈夫そうです♪
(ウール+バンブーを自分で染めたものは、
じゃっかん色落ちあり)



[PR]
by htjmr | 2015-08-04 11:11 | 編物

リネンシルクで夏用プルオーバー

二枚目を編みました。
e0195583_21163471.jpg




e0195583_21163407.jpg


糸はハセガワさんの涼風、
シルク30%、リネン70%の中細糸。
リリアン状になっていて
アマヴィーレを細くした感じ。

先日リネンで作ったものは、
細糸を太め針でゆるく編んでいて
スカスカで軽くて涼しいのですが

これは普通に目が詰まっているので
...ちょっと暑いです^_^;

お盆過ぎ頃、
暑さのピークを過ぎたぐらいが
ちょうど出番かも。


七部袖のカーディガンとか
軽〜く羽織れるモノに適した糸かなー
という気もしますが

まあ二枚目編んでみたかったので
ヨシとします(*^^*)





[PR]
by htjmr | 2015-07-29 21:12 | 編物

残ったリネンで巻き&はおりもの

プルオーバーが完成して
糸がだいぶ余ったので
これを編みました。

e0195583_10193690.jpg




広げるとこんなふう。
e0195583_10313591.jpg


ノースリーブ&襟なしだと
ちょっと涼しい場合もあるので
こういうのが一枚あると安心。

デザイン上、ソデ部分が斜めの編み地なので
どうしても伸び気味になっしまいますね。

あと、水通しで微妙に斜行したので
袖がやや捻れた感じに。

なので、袖を通して羽織るよりも
首〜肩に巻いて使っています。

こういう地味色って
なかなかないので嬉しい(^_^)


おまけ。
仔猫みてきました。
かわいすぎーー(≧∇≦)
e0195583_10440407.jpg







[PR]
by htjmr | 2015-07-20 10:16 | 編物

リネンで夏用プルオーバー

梅雨前に編んでいたけど
涼しくて着られずにお蔵入りしていた
リネンのプルオーバー。

暑くなってきたのでようやく登板です。
e0195583_20273566.jpg




イマドキなカタチ?(^_^)
脇の下に余裕があるおかげで
すごく涼しいです。
けっこう透けるし、首の開きも割合広いので
黒のキャミソールと合わせています。

糸はきんしょうさんのリネンリング。
地味色がかなりツボ。
(明るい色もあります)
スラブぽいゴワっとした感触も面白い。

e0195583_20313566.jpg


というわけで別の物も編んでみたので
次の記事につづく(^_^)(よてい)





[PR]
by htjmr | 2015-07-15 20:14 | 編物

中細ウールでプルオーバー編みちゅう

トジハギなしのトップダウン♪
e0195583_21365991.jpg




糸はmadelintosh merino lightのparchment。
一昨年に編みかけていたviajanteをほどきました。

本来ならば、ほどいた毛糸は
湯通しなどして伸ばして使うべきなのでしょうが
そのまま編んでしまったので
かなりデコボコです^_^;
(湯通し&スチームで直るとおもう。。)

白のボーダーを入れたので
ますますまめちゃんぽい色になってます(*^^*)
e0195583_21370025.jpg


あと片袖、がんばろー。

[PR]
by htjmr | 2015-07-11 21:24 | 編物

夏用のニット帽子を編んでみた その2

先日のと同じパターンを
こんどは夏らしくリネン糸で。

e0195583_17164839.jpg




e0195583_17164966.jpg


ソフィーの二色使用。
リネンは糸自体の伸縮性が少ないですが
全体斜めガーターなおかげで
だらっと伸びずにかぶれています。

e0195583_17190781.jpg


ちょこっと折り返してもいいかんじです♪

このパターン、ちょっと気に入ったので
また冬糸でも編んでみるつもり。
ロングピッチの段染め糸を使うと
面白いとおもうー(^_^)

[PR]
by htjmr | 2015-07-04 17:12 | 編物

夏用のニット帽子を編んでみた

最近ちょっと涼しかったこともあり
リネンを一旦休止してウール系に着手。

e0195583_14084313.jpg


コットン混の春夏用ソックヤーン。
かなり好きな配色です
(秋っぽいけど)。

こうなりました。

e0195583_14221972.jpg




深めにかぶってもいいし、
裾を折り返してぴったり目でも可。

夏山の夜とか
天候が悪くて肌寒い日なんかに良さそう。

去年、黄色で編んだのもあるんだけど
今年はどうも地味色な気分です(^_^)



[PR]
by htjmr | 2015-06-24 14:04 | 編物

シルクリネンのbanana leaf撮り直しました

シルクリネンの薄軽banana leaf
トルソーで撮影したので再掲。

e0195583_14132205.jpg


やっぱり白と合わせると映えますね。

e0195583_14132251.jpg


実際には、こんなに広げないで
くしゅくしゅっと巻いて使っています。

e0195583_14132352.jpg


もう少し短くてもよかったかも..。

肌触りが気持ち良くて、
手放せなくなってます。

この時期の首元、
去年から小型bricklessを愛用しています。
同じギンガリネンで、こちらは中細糸。
これはこれで、襟元なんかに重宝ですが、

banana leafは半分の極細糸で
ゆるっと編んでいて、
それがやたらと気持ち良い..ようです。

なんかねー
「護られてる」って感じ(*^^*)
シルクの力、でしょうか。
色も自分に合っていて
落ち着くみたいです。

時間かかったけど
編んで良かった(^_^)



[PR]
by htjmr | 2015-06-20 14:08 | 編物