ブログトップ

ひつじ丸な日々

snowcrash.exblog.jp

カテゴリ:編物( 788 )

ハリネズミなバッグ屋さん

お取り扱い店が増えました♪
ハンドメイド バッグのお店 IGELKOTT さん。

e0195583_20133351.jpg

e0195583_2013451.jpg

八ヶ岳南麓、レインボーライン沿いにある小さなお店です。
お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

私もそのうち、バッグを作ってもらおうと思っています♪
[PR]
by htjmr | 2009-11-29 20:14 | 編物

PossumDown 帽子:ワッチキャップ形

PossumDown キャップ。形や配色、いろいろ変えて作っています。
これは下が折り返しになっているタイプ。
e0195583_02619.jpg


普段は細板革靴のI藤さまにお選びいただきました。
すごくお似合いで嬉しいです♪
どうもありがとうございます!
e0195583_02276.jpg

[PR]
by htjmr | 2009-11-27 00:10 | 編物

初冬の秋田駒へ

って、残念ながら私が出かけたわけではなくて。

先シーズン作った帽子が、お客様のお供で旅してきました。
愛用していただいて感謝です♪
e0195583_19295470.jpg

まほろば倶楽部さんから写真をお借りしました。記事はコチラ

神奈川県、服部牧場にいる、マンクスロフタンという羊(→旧ブログの記事)の毛で編んだもの。羊の毛のままの茶色です。

そろそろシーズンイン。
あちこちの雪山にお供させていただけるとうれしいなー、と思います♪
[PR]
by htjmr | 2009-11-11 19:35 | 編物

PossumDown のこと

ポッサムという動物。
オーストラリアなどに生息する有袋類、
カンガルー目(双門歯目)クスクス亜目の複数の科にまたがっており、
厳密な定義はない、とか。(Wikipedia より)
e0195583_22332950.jpg

この毛がとても細くて保温性も高いらしいのだけど、
写真だと良くわかりませんね。毛足は短かそう。
ちなみにこの写真は、なぜか持っていたオーストラリアの動物本を撮影。
Coppery Brushtail Possum だって。

ニュージーランドに持ち込まれたポッサムは、
増えすぎで害獣扱いされていて、どんどん捕獲していいらしい...。
ポッサムの毛だけでは扱いにくいので、メリノウールと混紡で、
ニュージーランドの特産品として売り出されています。

メリノはオーストラリアやニュージーランドで生産されている
ぐりっと巻いた角を持つ、もこもこの羊です。このあたり参照。
繊維が細くて衣料用に適。

このポッサム+メリノ混紡繊維のことを PossumDown と呼んだりしているらしい。

・・・などという話を ulgoods 氏のブログ「山より道具PossumDown Garments / ポッサムダウンな衣類たちで知りました。

その後 kakara woolworks さんのページを見ていたら、
NZ の PossumDown 繊維を扱っているのを発見!
で、さっそく入手。こんなかんじ。
e0195583_22405437.jpg

この秋は、これをひたすら紡いで編んでます。
とーーーっても軽くてあたたか♪
e0195583_22425036.jpg

[PR]
by htjmr | 2009-11-01 22:51 | 編物

今年のフリース

今年の春刈り、ひま研のフリースです。
e0195583_1437461.jpg

洗う前なのでこんな色。ホントは白(というか生成)です。
夏前にペレンデール鎌倉さんで購入。
サフォーク親のオス。
細くて柔らか。
こんなかんじ。
e0195583_1438257.jpg

試しに紡いでみたら「くたっ」とした感じの柔らかい糸になりました。
これから、糸になって帽子に変身、します!
[PR]
by htjmr | 2009-10-11 14:40 | 編物

黒い帽子3点

この写真の手前の糸、
e0195583_20204781.jpg

ひま研さんの黒い原毛を紡ぎました。
毛先が茶色だったので、微妙に茶色混じりです。

で、帽子を編みました。
e0195583_20191629.jpg

焦茶が混ざったおかげで、なかなかいい感じになりました。
(写真は色が飛んじゃってますが..)
真っ黒じゃないので、模様編み(奥)にしても映えますね♪
[PR]
by htjmr | 2009-10-01 20:28 | 編物

羊から帽子になるまで

■羊×毛刈り=フリース
毛刈りは、通常、春先に行われます。
きれいに刈られた毛は、根元部分でつながっています。
ムートンの皮のない状態、をご想像ください。
この刈った毛のことを「フリース(fleece)」といいます。
化繊フリースの語源でもあります。

このフリースを買ってきて、ひつじ丸の仕事が始まります。
■わける
一頭分買ってくることが多いので、まずは広げて小分けに。
部位でわけたり、白以外の羊の場合は、色の濃淡でわけたり。
e0195583_18532530.jpg

■紡ぐ→糸にする
洗わないで、いきなり紡ぎます。
油(ラノリン)が残っている方が紡ぎやすい...気がします。
足踏み式の紡ぎ車、または、スピンドル(コマ)を使います。
e0195583_18501519.jpg

■洗う
糸になった状態で洗います。
と言ってもお湯につけて汚れを落とす程度。
染める場合はここで。
e0195583_1851124.jpg

■編む→帽子にする
やっとここで編み始め。ぐるぐると筒状に編んでいきます。
編み終わったら糸始末をして、一度お湯につけてから乾かし、
軽くスチーム アイロンをあてて、できあがり♪
e0195583_1851272.jpg

[PR]
by htjmr | 2009-09-28 21:18 | 編物

帽子屋開店準備中

秋冬物のニット帽子。

昨シーズンから制作販売して、ご好評いただきました。

今年も、春頃からこつこつと紡いで編んで、
何とか 30点ちょっと、げんざい開店準備中です。
10月より、都内のとあるお店に置いていただけることになりました。
(詳細が決まりましたら、追ってアップします。)


ご要望があれば、直接行商にも伺います!

e0195583_11425947.jpg


[PR]
by htjmr | 2009-09-23 17:30 | 編物